テーブルの灯り

DSC00222-2.jpg
SONY a7R / Canon EF 16-35mm F2.8L II USM
35mm f/2.8 1/40sec. ISO6400









暗い店内の灯りと背景のボケが綺麗に撮影出来ました。a7RのEVFは、夜間撮影でも明るく見やすいです。ボケの具合も正確にファインダーで確認しながら撮影出来るので、ホント、ファインダーを覗く事が嬉しくなってしまいます。もちろん、ファインダーを覗いていれば、自然とシャッターチャンスに巡り会える事も多くなる。と、良い事づくめです。ISO感度はAUTOにしているので、6400まで跳ね上がっていますが、ノイズも少なく、ほぼ常用範囲として使えますね。ネットでは色々と問題点の指摘も有る様ですが、私にとってはこのカメラの欠点を探すのが難しい位です。
おつかれちゃんです。









.
スポンサーサイト



a7R テスト撮影

DSC00112.jpg
SONY a7R / Canon EF100mm F2.8L macro IS USM
100mm f/2.8 1/20sec. ISO100











Metabonesのマウントアダプターを介してキヤノンレンズを装着しています。一般的に明るいレンズは口径が大きいものですが、結局その為にレンズの重さも口径に比例してどんどん重くなってしまいます。私の持っているキャノンレンズの中で、最も軽いF2.8レンズがこの100マクロなのですが、a7Rを使い始めて「軽い」っていいなぁと実感しています。まぁ、実際の所、それでもこの100マクロレンズ単体の重量は625gで、カメラ(a7R:465g)より重いのですが・・・。今回は、ガラス玉のオブジェを撮影していますが、玉ボケもイイ感じ♥に撮影出来ました。でも、ホント言いたかった事は「軽い」っていいって事です。しばらくは、このセットで出かける事が多くなりそうです。
おつかれちゃんです。









.