10.01.04 東海道

IMG_7476.jpg
Canon EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L IS USM
24mm f/4 1/1250sec. ISO100
Iron bridge of Fujikawa / Fuji-city, Shizuoka pref.







IMG_7496.jpg
Canon EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L IS USM
24mm f/4 1/800sec. ISO100
Sekigahara / Fuwa-gun, Gifu pref.







東海道新幹線に乗車しての帰省でしたが、行きの混雑はそれほどでもありませんでしたが、途中の関ヶ原では雪が降っていて、
新幹線は徐行運転に・・・
いずれも車中から写したものですが、同じ日でも、こんなに違うんですね。
おつかれちゃんです。





.
もう一枚、別の角度のショットです。


IMG_7488.jpg
Canon EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L IS USM
24mm f/4 1/500sec. ISO100
Sekigahara / Fuwa-gun, Gifu pref.




関ヶ原は、西暦1600年に徳川家康の軍勢と、豊臣家を率いる石田光成の軍勢が戦った、いわゆる関ヶ原の合戦があった場所
でもありますが、この地域は、東海道新幹線と日本海側から琵琶湖経由でやってくる雪雲の通り道が交差する場所でもあります。
かつては東海道新幹線のアキレス腱と呼ばれたこの場所も、今ではこの十数キロの間の線路にヒーターが入り、線路わきには
温水のスプリンクラーが並んでいるので、運休することはありません。
名神高速道路も並走して通っていますが、こちらは雪が降るとすぐにチェーン規制になります。





.

Trackback

Trackback URL
http://tama841.blog115.fc2.com/tb.php/229-8151e7e8

Comment

yukaten | URL | 2010.01.05 10:46 | Edit
こんにちは。
新幹線、冬の関ヶ原の徐行・・・
ここだけが日本海を思わせる冬の鉛色の空。
なんだか学生の時の帰省を思い出して懐かしいです。
退屈な列車の旅も、カメラを手にしているとちょっと
違った感覚で風景を見てしまいそうですね。

かなり昔、関ヶ原ウォーランドというところに行った
ことがあります。
ここがまた仰々しくて笑ってしまったことを思い出し
ました。
yukaten | URL | 2010.01.05 16:00 | Edit
<追記 >
エキサイト以外のリンクの貼り方をやっと
思い出しました。リンク頂いていきますね^^
toshi | URL | 2010.01.05 23:26
1枚目は富士川でしょうか?
真っ青な空に雪化粧の富士山、見ていて気持ちがいいですよね!
しかし一日に、いや数時間で晴天と雪景色を撮れるなんてちょっと驚きですね!
うー、ここ数年こんな雪景色は見ていないような気がします・・・・・・。
sakayo | URL | 2010.01.06 03:01 | Edit
> yukaten さん
関ヶ原というか伊吹山には良くスキーに出かけた思い出が・・・。
ウォーランドは初めて聞きました。
HP見ましたが、かなりツウな方にウケそうなテーマパークの様ですね。
この関ヶ原の合戦で、小早川秀秋の立場と行動がもし違っていたら、
日本の歴史が変わった可能性がありましたが、こういう事は
現代社会でも良くあることだと思います。
そんな天下分け目の合戦場・・歴女ではないですが、一度行ってみたいですね。

リンクご連絡有難うございます。
sakayo | URL | 2010.01.06 03:14 | Edit
> toshi さん
1枚目は富士山をバックに新幹線の写真を撮るとしたら、ココしかない!という位
定番中の定番スポット、富士川鉄橋、ビンゴです。
2枚目のそういえば、雪景色って撮った事なかったなぁ、という感じです。
雪景色も、太平洋側だとほとんど見かける事がないですもんね。
その昔、実家の京都にいた時の事ですが、珍しく京都市内にも雪が降り、
たまたまその時に見た嵐山は、まるで雪舟の墨絵の様で、本当に
言葉に出来ないくらい感動的に美しかった記憶があ今も鮮明に記憶に残っています。
改めて雪景色も撮ってみたくなりました。
Comment Form
公開設定

Recent Comment
Calendar
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Visitor