10.01.15 金閣4

IMG_7632-2.jpg
Canon EOS 5D Mark II / EF 24-105mm F4L IS USM
55mm f/10 1/60sec. ISO100
Kinkakuji / Kita-ku Kyoto







性懲りもなく金閣寺です。金色に輝く金閣寺・・・ほんと美しいです。
不幸な生い立ちを持つ自分と正反対の美しい金閣に憎みの感情を持ちながらも
その美しさに魅了される複雑な心境で火を放つ僧侶・・・
そんな三島由紀夫の小説「金閣寺」をまた読んでみようかと思う今日この頃です。
おつかれちゃんです。





.

Trackback

Trackback URL
http://tama841.blog115.fc2.com/tb.php/240-00674f66

Comment

かず某 | URL | 2010.01.15 23:49 | Edit
金閣寺、、見事ですね。
このまま金閣寺の売店で絵はがきで売ってもいいかも・・・という感じですよ!
ところで、金閣寺の金箔の部分ですが、黒ずんでいかないのかなぁ~と常々思っています。
お坊さん達が毎朝磨いているのかもしれませんが、果たして金閣寺で修行をしている僧がまだいるのか?とも思ったりして、、、謎は深まるばかりです。

それにしても美しいですね。
日本人バンザイ!という気持ちです。
sakayo | URL | 2010.01.16 02:49 | Edit
> かず某さん
何せ、世界遺産の指定を受けているのですから、
掃除は、専門の清掃業者がやっていて、修行僧は、売店で
土産物販売か何かをしているはず・・・
というのは、私の勝手な妄想です。
まぁ、合法的に入場料や物販は免税価格だし、相続までも
無税で出来る、良い商売だと思います。
美笹 | URL | 2010.01.16 08:44
うまく言葉見つかりません。
一言で言えば一言だけ
感動ありがとうございます。
ほんと綺麗に撮られてて尊敬します。

三島由紀夫と言えば
胃の中にこんにゃくw
って変なことが印象に残ってます^^;
sakayo | URL | 2010.01.16 17:11 | Edit
> 美笹さん
綺麗に撮れるのもカメラとレンズのお陰です。
しかも、被写体となっている京都の風景は、もうあまりに美しいという事です。
美しいものは誰が撮っても美しく撮れるものです。
但し、構図は人によって微妙に違いますが・・・
デジタル一眼で撮影し終わって、その場所を離れたら、すかさず
ケータイカメラ持った方が、同じポジションから、同じ被写体を同じように
撮影される事が多く、そういうのは、ちょっと恥ずかしいです・・・。

Comment Form
公開設定

Recent Comment
Calendar
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Visitor