スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小江戸

IMG_29805.jpg
Canon EOS 5D Mark II / Carl Zeiss Makro Planar 2/50mm ZE
50mm f/2.8 1/125sec. ISO100











川越に行ってきました。
古い町並みを形作っている立派な土蔵作りの商店が並んでいました。
心なしか「亀屋」さんという屋号の商店が多かったですね。
ゆっくりブラブラ散歩しながらの撮影でした。
今週は、何枚かアップしたいと思います。
おつかれちゃんです。









.

Comment

JOKER | URL | 2011.12.12 19:56 | Edit
素晴らしい切れ味ですね!
きりっと,かりっと!
うん,いい感じです!
awa | URL | 2011.12.12 21:37
川越は何度か行ったことがありますが、土蔵造りの建物には心魅かれます。
うまく言えませんが、「小江戸」感、素敵です。
かず某 | URL | 2011.12.12 21:56 | Edit
こんばんは~~
それにしても、、最近のモノクロシリーズ。
迫力満点ですよね~。
すごいの一言です。
川越、、、行きたかったです~~
g00day | URL | 2011.12.12 22:36
おぉー。見覚えのある建物だと思ったら・・・
ようこそ、川越へ。
実は私は川越在住です(笑
fiat_lux | URL | 2011.12.13 00:03 | Edit
sakayoさん、こんばんは。
画面いっぱいに切り取ってモノクロで仕上げたところに重厚さと歴史を感じる一枚ですね。
なぜ、亀屋という屋号が多いのでしょうか?
やはり、鶴は千年、亀は万年だから?

写真展、お越し頂けなくて残念でしたが、来春別な写真展もありますので、是非お出かけ下さい!!
equinox | URL | 2011.12.13 00:29
こんばんは

亀屋ですか・・何を扱っている商店なのでしょうね。
建物の作りもさることながら、文字が反対になって
いるのも、時代を感じさせてくれますね。

それにしても、ひとつポツンとある外灯がお洒落です。
ondoyama | URL | 2011.12.13 00:56 | Edit
これは立派な建物です。
国宝にでもしたいと思います。
金持ちの家だったのでしょうね。
見飽きない写真です。
sakayo | URL | 2011.12.13 02:13 | Edit
> JOKER さん
さすがツァイスのレンズは素晴らしいです。
たった少し絞っているだけなのですが、かなりの描写力だと思いました。
屋根の上の方が、被写界深度から外れてきていますが、
粘ってくれています。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.13 02:16 | Edit
> awa さん
土蔵造りの商店が、数百メートル並んでいるだけなのですが、
何となく、江戸の街道筋みたいな雰囲気なんですよ。
町並みをガイドするボランティアのおじさんもあちこちに
いらっしゃって、町ぐるみで盛り上げようっていう活気に満ちていましたね。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.13 02:20 | Edit
> かず某 さん
モノクロ写真というのは、白と黒の間のトーンだけになりますが
雪舟の墨絵ならぬ、現代の墨絵的な表現なのだと思います。
え~っと、つまり、奥が深い・・・って事ですね。
また、川越行きましょう!
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.13 02:24 | Edit
> g00day さん
お~、私は川越には初めて行きました。
駅前のにぎやかな商店街を抜けると、江戸の宿場町的な通りが広がっていて
色々な意味で、良い町だなぁと思いました。
まだまだある、川越のスポットを訪れてみたいと思いました。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.13 02:27 | Edit
> fiat_lux さん
なるほど、亀は万年ですか・・・
縁起が良いという事なんでしょうね。
もし江戸時代から続けておられるとすれば、400年ほど続いているという事ですね。
万年続けば凄いもんです。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.13 02:30 | Edit
> equinox さん
店の看板は、まさしく看板というくらいで、その店を象徴するものですよね。
このお店は、何のお店だったかは覚えていませんが、
ここ土蔵造りの店々が並ぶ通りには、結構、亀屋さんという屋号の店が多かったんですよ。
土蔵の重厚感に圧倒されましたね。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.13 02:33 | Edit
> ondoyama さん
戦争のときの空襲にも耐えて、今に残っているらしく、よく見れば、ものすごい
重厚な造りになっています。
壁の厚さと瓦屋根の重厚さが、川越の蔵造りを象徴しているのでしょう。
コメント有り難う御座いました。
Aちゃん | URL | 2011.12.13 12:17 | Edit
川越は、今年の夏に行きました。

でも、坂戸よさこいの撮影に行っただけ。
翌日、川越を散策しようと思ったら、土砂降りの
雨だったので、撮影せずに名古屋に帰ってしまった。

残念。 今度、また行きたいところです。
sakayo | URL | 2011.12.14 01:57 | Edit
> Aちゃん さん
土砂降りの雨とはツいてなかったですね。
川越の蔵造りの町並みは、地元の皆さんが盛り上げようとされていて
ホントいい感じだなぁと思いました。
是非、次回はチャレンジされてはどうでしょうか?
コメント有り難う御座いました。
Comment Form
公開設定

Recent Comment
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。