スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来への灯り

IMG_29759.jpg
Canon EOS 5D Mark II / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE
50mm f/2.0 1/500sec. ISO100










全部が丸の中に入っているのです。
宇宙の中の一つ、一つの中にも宇宙が広がっています。
おつかれちゃんです。









Comment

equinox | URL | 2011.12.18 02:08 | Edit
こんばんは
ほんとうですね^^全部〇です。

宇宙も丸です。溝の彫り方が手作業っぽいですが、
どうなのでしょう・・
粘土で作ったようにも見えますね。
もし電球が円形じゃなかったらどんな照らしかた
をすのでしょうね~
fiat_lux | URL | 2011.12.18 09:22 | Edit
sakayoさん、おはようございます。
様々な曲率の円が織りなす造形、そこに宇宙を見出し、切り取る視点が
素敵ですね。

そう言えばフィルム時代には50mm持っていないことを逆手に、逆付けやら
なにやらいろいろと試したこともありました。
フルサイズだと楽しいだろうなあ、50mm・・・
おっと、また財布のひもが(笑)
JOKER | URL | 2011.12.18 18:02
こんばんは
この天井の造形,質感
それを表すレンズ
恐ろしいまでの切れ味ですね。

いかん,SAKAYOさんの無言の誘惑に負けつつありそうです。(笑)
単焦点の誘惑。

ondoyama | URL | 2011.12.18 23:19 | Edit
丸い形には安心感を感じますね。
この部屋が丸かったら、面白そうです。
中華料理屋さんで、テーブルが丸いだけではなく、部屋も円形のところがありました。
この部屋の天井にこの電球をつけたくなりました(^^)
sakayo | URL | 2011.12.19 00:14 | Edit
> equinox さん
多分、板を削って作られたものだと思います。
昔の建物の中には(主に洋館)こういう細工が多くなされているという印象です。
陰影の感じが何とも形容しがたいのですが。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.19 00:39 | Edit
> fiat_lux さん
撮像素子の大きさ、APS-Cサイズかフルサイズかによって焦点距離が違いますから
フルサイズ50mmというのはAPS-Cだと30mm位でしょうか、
カールツァイスだとちょっと高めですが、ディスタゴンの1.4/35mmというのがありますね。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.19 00:40 | Edit
> JOKER さん
いえいえ、無言では有りません。
最近は、カールツァイスの宣伝マンになってますね。
単焦点と言っても50mmですから・・・そべてはここから始まるのでしょう。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2011.12.19 00:42 | Edit
> ondoyama さん
太陽の赤外線写真みたいな雰囲気もしますが、これをデザインされた方は
電球を太陽、その周りを銀河に見立てておられたのではないでしょうか?
あまりにも、そのまんまって感じですが・・・
コメント有り難う御座いました。
Comment Form
公開設定

Recent Comment
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。