スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッション

IMG_19287.jpg
Canon EOS 5D Mark II / EF70-200mm F2.8L IS II USM










鍵盤って、整然と並んでいて無機質な感じですね。
演奏する事は出来ませんが、柔らかい玉ボケとは好対照ですね。
おつかれちゃんです。









.

Comment

g00day | URL | 2012.03.11 17:47
おぉ。
写真にこんな世界があるんですね。
絵画を見ているようです。
鍵盤と玉ぼけの配置がとても私好みです。
りら | URL | 2012.03.11 20:12 | Edit
演奏する事は出来ますが 柔らかい玉ボケは出来ません 私の念願の一つは 自分の家のピアノの鍵盤を美しく撮影することです
この玉ボケは 店内の照明からでしょうか
このような 玉ボケはとても無理ですが
レッスン室の照明は 蛍光灯ですが それを消してランプの照明で撮影してみようかと考えています 憧れの鍵盤写真 素晴らしいです
かなり見惚れました 玉ボケのみならず鍵盤のボケ感が 芸術的です 興奮状態です
ondoyama | URL | 2012.03.11 20:21 | Edit
ピアノが弾けたらカッコいいですね。
ピアノは無理ですが、タマボケは練習したいものです。
equinox | URL | 2012.03.11 21:58
こんばんは
ぼけが凄いですね

確かに対照的ですが、じつに面白い組み合わせです
これは意図的に狙ったのでしょうか・・
私では発想できない世界です^^
kaji1031 | URL | 2012.03.11 22:36
おお玉ボケがキレイですね!
これは多重露光ですか!?
sakayo | URL | 2012.03.12 03:13 | Edit
> g00day さん
この写真は、実は昨年撮影したもので、キーボードの後方に、イルミネーションの
美しい、ツリーが飾られていました。
望遠で、鍵盤を横から狙うと、まるで玉ボケが演奏をしているかの様な感じになり
面白い写真になりました。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.03.12 03:22 | Edit
> りら姫 さん
このボケの光源は、クリスマスツリーのイルミネーションです。
望遠レンズで、焦点距離を長めにとって、開放で光源を撮影すれば、簡単に玉ボケは現れてくれます。
問題は、焦点の合っている位置と、そこから光源までの距離との関係で、ボケが大きくなったり、小さくなったり・・・
一度、オートフォーカスを切って、光源へのピントを手動でずらしてあげると、玉ボケの効果がはっきりと
確認出来ますので、お試しください。(望遠レンズの方が効果が出やすい)
結局の所「光源へのピントがずれて玉ボケになっている=どこかにピントは合っている」という公式ですので、
この写真の場合は、「手前の鍵盤のある部分」にピントが合っている状態を作って、角度を考えて撮影、という訳です。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.03.12 03:29 | Edit
> ondoyama さん
オートフォーカスを使わずに、マニュアルフォーカスにしてみると、玉ボケがどのように出現し
そのボケの大きさがどうなるのか、一目瞭然です。
あとは、光の集合を見かけたら、それだけで玉ボケを作って、絵になる構図にして撮影してみたくなる程
病み付きになる効果でもありますね。
これは、オートフォーカスが標準のコンデジでは、難しい撮影手法になりますが、デジタル一眼だと
簡単に得られる効果ですので、一眼レフらしい写真になるという訳ですね。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.03.12 03:36 | Edit
> equinox さん
意図的に狙っているというか、もうイルミネーションの様な光源を見ると、
どうしても「玉ボケにして撮りたくなる症候群」的な感じですね(笑
玉ボケだけでは、面白くないので、光源より遠くの、あるいは近くの何か「光源以外の被写体」を
探してしまう悪いクセがついてしまっています。
こういう写真を撮りたいがために、風景狙いでない夜間や室内撮影時にでも、わざわざ重い望遠レンズを
持ち歩いていたりするので、そういう意味では、もう望遠レンズの使い方を完全に間違えているのかも知れません。(笑
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.03.12 03:43 | Edit
> kaji1031 さん
5D3は多重露光機能がついているそうですが、私のカメラにはその様な機能は付いておりませんので、多重ではございません。
多重になりそうな位置というか角度を無理矢理作れる場所から狙って撮ってます。
いつもそうなのですが、私が撮影し終えたら、同じ場所からコンデジやケータイで撮影し出す
おじさんやおばさんがおられるのですが、撮影結果を見て、同じ様には撮れず「チッ」とか舌打ちが聞こえると、
「オレのせいじゃないんだってばぁ~」って、言いたくなるんです。
コメント有り難う御座いました。
babydoll | URL | 2012.03.12 20:40 | Edit
私も多重露光かと思いきやそうではないのですね~
とても不思議な感じのする写真です、素敵☆
5DⅢは多重露光出来る機能が付いているんですね~
興味アリアリですが私が買えるような金額ではないので指をくわえて見てるだけですが(涙)
fiat_lux | URL | 2012.03.12 22:48 | Edit
sakayoさん、こんばんは。
フルサイズ+大口径望遠レンズならではの贅沢な丸ボケですね。
これが5D3なら、どんなになってしまうのでしょう・・・とちょっと期待(爆)
sakayo | URL | 2012.03.13 01:52 | Edit
> babydoll さん
多重露光・・・フィルム写真時代に遊んだ事がありますが、イメージをしっかり意識していないと
非常に難しい表現手法であると言えます。現像時にするだけではなく、撮影時にもやってましたね。
5D3では、ゴルフスイングの分解写真を1枚に合成した、よくある合成表現が、カメラ上で簡単に出来る様に
なっていて、デジタル&高速シャッターのメリットが最大限生かされている感じがします。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.03.13 01:58 | Edit
> fiat_lux さん
そんなに、煽らないでくださいよ(笑
5D3もそうですが、24-70IIも4月に登場で、合わせると軽く50万円コースですょ。
もぅ大変な事になっています。
コメント有り難う御座いました。
Comment Form
公開設定

Recent Comment
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。