スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吐竜の滝

1H9A1495-2.jpg
Canon EOS 5D Mark III / EF16-35mm F2.8L II USM
16mm f/11 20.0sec. ISO200 w/ND400













昨日、吐竜の滝に行ってきました。
ここで数人のアマチュアカメラマンの方々が思い思いに写真を撮られていましたが、
中にお一人、しゃがんでレンズ交換をしていた方がいらっしゃったのですが、
交換の時に手を滑らせてレンズを落とされ
コロコロ転がって浅瀬にチャポンと落としてしまわれた方がおられました。
もう見ているだけでお気の毒としか言いようがないのですが、
ホント、レンズの扱いには気をつけたいものです。
おつかれちゃんです。











.

Comment

かず某 | URL | 2012.07.17 21:50 | Edit
こんばんは〜
涼しげですね〜。爽やかな風が流れてきそうです。
私も群馬の嬬恋の方へ行って、ブルブル震えてました。(汗
高原の温度はほんと下界と違いますよね〜
レンズ、、、私も十分気を付けるようにしたいと思います。
ondoyama | URL | 2012.07.18 00:22 | Edit
見事な滝。
20秒待つと綿菓子のようにふわふわになるんですね。
レンズをよく落とすので気をつけたいと思います。
sakayo | URL | 2012.07.18 04:38 | Edit
> かず某 さん
さすがに私は震える程ではなかったですが・・・
レンズの方は、直ぐに拾い上げてハンカチで拭いてらっしゃいましたが、多分、修理必至でしょうね。
私もレンズ交換の際には注意の上に注意していますが、ホント怖いです。
ですので、とても人ごとには思えない話でした。
レンズ交換の時こそ、もう一つ手があればなぁと思う次第ですが・・・
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.07.18 04:44 | Edit
> ondoyama さん
滝の写真の撮り方としては、青葉や岩はくっきりと、水はふわっとさせる対比が面白いと
思うので、20秒も開けてしまいましたが、やはりいくらなんでも開け過ぎだったかも知れません。
カメラ側で高輝度階調補正をONにしているので、最低ISOは200からになりますし、NDは400しか
持っていないので、必然的にこの設定(シャッター速度)になってしまいました。
狙い通りの絵になっているのですが、設定は極端になってしまいました。
コメント有り難う御座いました。
hanami_yagura | URL | 2012.07.18 06:09 | Edit
夏らしい涼し気な風景ですね。
やはりND装着するとやさしい感じになりますね。
滝・流れにピッタリなフィルターと云えます。

それにしても・・・
現地でレンズ交換~お池に嵌って、さ~大変・・
ホント、その光景思い浮かべるだけで
ご愁傷様です。
現地でレンズ交換なんてナンセンスと思っているのですが・・・(上記のようにならない為にも)

この場面で、どんなレンズからどんなレンズに交換するのでしょうか・・・?
不思議でなりません(^^;
りら | URL | 2012.07.18 07:42 | Edit
私は滝の写真は到底撮影出来るはずもありません NDフィルターも持っていません
しかしながら このお写真の滝壺の光景を拝見した時NDフィルター400装着だと直感しました
今まで色々な方の滝を拝見してきて滝の様子が
NDフィルターの違いによって滝の様子が違うことに興味を持ち質問させて頂きました
ondoyama さん のお答えでやはりND400だと知り嬉しかったです
ただ 私がこの滝写真を拝見した瞬間感じたことは美しいことに魅了されたことと共に
滝壺の水と左手の滝の流れの水の違いです
まるで二つのNDフィルターをこの二か所で使い分けたかのように感じました
左手滝の流れはND8 滝壺はND400かのようにです とても興味深く そのことに気をとられ
滝壺の下に見える小石の美しさ 右下の巨石その他の大小の石の魅力等はその後気付いた程です
お手数ですが私が直感的に感じ驚きを憶えたことについてお答え下されば有り難く存じます
初歩的な拙い質問で申し訳ありません
babydoll | URL | 2012.07.18 19:13 | Edit
まさに涼を感じるお写真です、見ているだけで涼しい~♪
私は三脚にカメラを付けたまま三脚を担いで歩いていたらカメラが落ちるというドン臭いことをしたことがあります。
落とした場所が砂利の積み上げられたような場所でことなきを得ましたが。
水没したレンズはもう修理のしようもないのでしょうかね。。
sakayo | URL | 2012.07.18 20:04 | Edit
> hanami_yagura さん
この場面でのレンズ交換、広角レンズと標準レンズの交換だったと思います。
一眼レフの醍醐味はレンズ交換にありますが、
レンズの破損というリスクとの隣り合わせと言う事ですね。
手がもう一本、欲しくなる瞬間です。
コメント有り難う御座いました。

sakayo | URL | 2012.07.18 20:26 | Edit
> りら姫 さん
写真の左下に撮影データも掲載していますので、ご参考になさって下さい。
滝の写真を効果的に撮影するには今回の様に「スローシャッター」で撮影するのが基本となります。
ここからはあくまで、前提としてこの程度の「水量」の滝の「流れ」の時にはどうするべきか?という話になりますが
NDフィルターを使って一定の被写界深度を得る為に絞りは絞ります。 絞った上に、ISOを低い値で固定すると、最も
長いシャッター速度を得る事が出来ますが、実は10秒も開けるだけで十分な「流れ」を写す事が出来ます。
ND400を使っているがため、またISOを100ではなく200にしたので、10秒ではなく20秒のSSになりました。
また、通常NDフィルタを装着すると暗くなってファインダーでのピント合わせが出来なくなります。でも、ここが最近のデジカメの
凄い所なのですが、ライブビューモニターなどを使えば、バッチリ普通の状態でピント合わせも出来るのです。
更に、もう一つのポイントが、どこにピントを合わせるか?という事で、滝を写すんだから滝にピントの山を持って行きたくなりますが
滝はもうブラせて撮影するので、そこにピントを合わせても無意味です。効果的に見せるには、動かないものにピントを
当てる事が重要になります。この写真だと手前の大きな岩や、滝の間の草木という事であって、
最終イメージを想像して、「ふわっ」と「シャキッ」とを表現する事が出来れば、メリハリのある写真になります。
もうこれ以上は、コメント返しでは書ききれません・・・すみませんがそんな感じなのです。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.07.18 20:30 | Edit
> babydoll さん
もう悲惨な事故は、お聞きしているだけで背中がむずむずする感じです。
水没したレンズは、100%修理しか道はないでしょうね。
落ちた衝撃で鏡胴が歪んでいたらそれも高額修理になるでしょう。
まぁ「高額(光学)レンズ」という位ですから・・・
何れにしても、気をつける以外の防止策はないですね。
コメント有り難う御座いました。
equinox | URL | 2012.07.19 14:13 | Edit
交換レンズを初めて購入した当時なんかは、それはもう・・慎重に交換を行っていたものですが、レンズが増えたあたりから扱いが雑になってきましたね~

ポチャは他人には見られたくないですね。
どんなリアクションを起こせばよいのやら・・

滝の長時間とは珍しいですね。よく知られた表現方法ではありますが、これが滝を一番美しく見せると個人的には思います。
sakayo | URL | 2012.07.19 19:16 | Edit
> equinox さん
いや〜、ホント落とされた方の気持ち良〜くわかります。
気をつけているはずなのに、手が滑って・・・というのは、あってはいけない事だと
判っていても起こってしまうものです。
でも、もし落としたとしたら、恥ずかしい気もしますが、もぅ周りの事など考える余裕もなくなりそうです。
滝の写真は、スローシャッターに限りますね。
このためだけにNDフィルター買った様なもんです。
コメント有り難う御座いました。
Comment Form
公開設定

Recent Comment
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。