スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨上がりの松葉

1H9A2690.jpg
Canon EOS 5D Mark III / EF100mm F2.8L macro IS USM
100mm f/2.8 1/500sec. ISO200












雨が降ったりやんだりでめまぐるしく変わる天気の合間に
近所の公園で雫を撮影してみました。
おつかれちゃんです。









.

Comment

りら | URL | 2012.09.02 19:52 | Edit
雨の精と光の精との競演
それは戯れるかのごとく思えますが燦然と崇高なものにも感じえません
sakayoさんのお好きな作家三島由紀夫の豊饒の海第四巻天人五衰の作中
神から恵みを受けて生まれた者は
その恵みの果実を損ねぬよう
美しく・・義務がある
この言葉をお写真拝見して思い浮かべました
・・の部分は不正コメントとみなされましたので拍手コメントにて書かせて頂きます
fiat_lux | URL | 2012.09.02 20:26 | Edit
月が改まって、空気も入れ換えなのでしょうか、この週末は不安定な天候でしたね。
そんな中、松葉の雫と丸ボケが眩しい一枚、一瞬の出会いですね。
この1/500sの切り取り、まさに一期一会です。
ondoyama | URL | 2012.09.02 21:16 | Edit
きれいなキラキラですね。
水滴を丸く光らせたいと思っても、こんなにうまくいきません。逆光で撮っているのでしょうか?

sakayo | URL | 2012.09.03 18:46 | Edit
> りら姫 さん
雨上がりのあとの松葉に付いた雫がキラキラと輝いていました。
三島由紀夫氏の文学というか日本語の表現は美しく輝いていますが
まるで、この雫の輝きの様です。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.09.03 18:52 | Edit
> fiat_lux さん
実は、雨はまだ少しだけ残っていたのですが、夕刻のせいか、
少し高めの夕日が、角度良く差し込んでいました。
開放で撮ったので、雫が美しい丸ボケの光に変化しました。
コメント有り難う御座いました。
sakayo | URL | 2012.09.03 19:06 | Edit
> ondoyama さん
逆光と言えば逆光ですね。
輝きが一層強調されていて、雫ひとつひとつが、丸ボケになって、
何枚もシャッターを切ってしまいましたね。
コメント有り難う御座いました。
Comment Form
公開設定

Recent Comment
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。